ツム・アインホルン  アートフォーラム

当店では芸術活動の一環として各方面の作家の方と協力をし
毎2ヶ月間作品展をおこなっております


展示作品の公募.詳細はこちら.

開催記録
期 間
  作 家 名
2012年 平成24年 3月 1日~4月30日   高野 陽介


高野 陽介 展


高野陽介



高野陽介



高野陽介



高野陽介



高野陽介



高野陽介


高野陽介




高野陽介

1978年 東京生まれ
1998年 東京芸術大学絵画科日本画専攻
      イギリス取材
      中国取材、北京より敦煌までシルクロード、石窟を巡る、敦煌壁画スケッチ
2001年 東京芸術大学卒業、
      卒業制作に中国石窟をモチーフにした絵画「時の刻み」発表(東京都美術館)
      渋谷モミュにて個展
      長野志賀高原取材
      明星学園高校夏期日本画講座講師
      荻窪「遊工房ギャラリー」水彩展

2002年 恵比寿カルチャースクール講師
      白金にて水彩画グループ教室講師
      渋谷モミュにて個展
      小原流華道
      裏千家茶道を学ぶ、塩月弥栄子師、五藤禮子師
      小泉節子師につき書、カリグラフィーを学ぶ
      京橋近代美術クラブにて墨縁展、書を出展
2003年 京橋ギャラリーコパンダール個展
      渋谷モミュにて個展
      ロサンゼルス取材
2004年 明治神宮に絵画奉納「こだま」
      京橋ギャラリーコパンダール個展
      ロサンゼルス、工藤村正KUDOスタジオ滞在制作
      エジプト取材、エジプト大使夫人同行
2005年 京橋ギャラリーコパンダール個展
      ロサンゼルス滞在製作
      スイス、イタリア、フランス取材
      東京都庁にてエジプト大使館からの
     依頼で絵画「憩いの水辺」展示
2006年 京橋ギャラリーコパンダールにて個展「HIBIKI展」開催
2007年 カナダバンフBanff Centerにて滞在製作、
      展示開催、TV出演、日本画講習開催
2008年 京橋ギャラリーコパンダール個展
     韓国、韓国国立民俗博物館、出展

2009年 京橋ギャラリーコパンダール個展
      カナダバンフBanff Centerにて滞在製作
2010年 国立 画廊「岳」個展
      伊勢丹新宿店本館「くらしのアート」出展
2011年 表参道ラパンエアロにて個展
      明治神宮「神宮花菖蒲」奉納 東京、京橋ギャラリーコパンダール個展
      国立 画廊「岳」個展 「水晶のきらめき」
2012年 ドイツ、フランス取材


Yohsuke Takano

2000  Graduate Tokyo University of the Arts
Group exhibition at Tokyo Metropolitan Museum
Sketch in UK
2002  Teaching at Ebis cultural school and Shirogane cultural school
2003 (2003, 2004, 2005, 2006, 2008, 2009, 2011) Solo exhibition at Galerie Copain d’art in Tokyo. “The world of Takano Yohsuke-Traditional Japanese Painting”
(2003, 2004. 2005) Stay and paint at KUDO Studio in Los Angels
2004  Offer artwork titled “Kodama” for Meiji Shrine
Sketch in Egypt accompanying Egyptian Ambassadress of Japan
2005  Sketch in Los Angels, Switzerland, Italy and France
An invited artist to the exhibition organized by the Tokyo Metropolitan Government and the Egyptian Embassy in Tokyo.
2007 (2007 and 2009) Stay, paint and teach at The Banff Centre Alberta Canada
TV appearance in Canada
Exhibition at The Banff Centre Alberta Canada
2008 Exhibition at The National Folk Museum of Korea in Seoul
2010 Solo exhibition at Galerie Gaku in Tokyo Exhibition at ISETAN Shinjuku in Tokyo
2011 Solo exhibition at Lapin et Halot in Tokyo
Solo exhibition at Galrie Gaku in Tokyo Offer artwork titled “Jingu Hanashobu” for Meiji Shirine
2012 Sketch in Germany and France
Traditional Japanese Painting
I am confident that the traditional Japanese painting material can effectively depict the fragility and ephemerality in nature. My goal in creation is to catch a moment of life in nature with the eyes of an artist and share it with viewers in the world.
For that reason, the material of Japanese-style painting is natural and gentle for a human body without any toxic smell, which I believe, would be best to express the serenity of the nature.
Particularly I would like to mention the unique process. In Japanese-style painting, each colour is made by beating pigment and animal glue in a plate until I get a certain fine colour, which does not exist in western painting or acrylic works. The process creates some kinds of space between artwork and artist which elevates my mind. While making a colour pondering the subject and myself is precious moment for my creation. It even takes the glue off the left over painting material and backs it to the sand, then the process gives me inspiration.
The material used in Japanese painting is considered to be the same as in the cave paintings from the prehistoric times and is durable for thousand years. Therefore I value the basic process and plan, and I aim to produce artwork lasting for generations.

 

 

開催記録
期 間
  作 家 名
2012年 平成24年 3月 1日~4月30日   高野 陽介

無断複製、無断転載はおやめください。Copyright:2005 zum-einhorn

Top
BACK
INDEX