ツム・アインホルン  アートフォーラム

当店では芸術活動の一環として各方面の作家の方と協力をし
毎2ヶ月間作品展をおこなっております


店内に作品専用の照明が増設され,とても発色の良い光源となりました.
これを機に展示作品の公募を行なっています.詳細はこちら.


会期  2008年 平成20年
11月1日〜12月29日
高 橋  義 治


古都と渡り鳥

鳩と少女
鳩と少女




渡り鳥と月
渡り鳥と月


太陽と家



夜の道

作家略歴 

 

高橋義治 Yoshi TAKAHASHI

   

1943

東京に生まれる

1961

海城高校卒業

1965

東京芸術大学油画科卒業(小磯良平教室)

 

卒業と同時に単独ドイツへ渡る

1966-69

ミュンヘン国立芸術アカデミー油画科

1973

州立ミュンヘン大学講師

1974-84

ザルツブルグカレッジ 講師・エッチング主任

1986/89

インターナショナル・サマー・アカデミー

 

水彩主任

1990-

制作活動に専念

1998

ドイツ・バイエルン Bad Reichenhall にて没

 

青山「梅窓院」に眠る

 

 

 ドイツへ渡った後に学んだ銅版画の技法を追求し、従来冷たい感じのする銅版画を 温かな水彩のようなイメージを出すことに成功する。多色使用にもかかわらず、 理論上は色の三原色の組み合わせで全ての色が作れることから、3版による多色刷り 技術を確立した。 ドイツ、オーストリーでは、Yoshi TAKAHASHIとして知られており、30年間に約130回の個展を開催した。
毎回の一覧の作品の中から油彩、グアッシュそれぞれ何枚かを選択し、それを銅版画に起こしていた。

HomePage

  http://www.yoshi-takahashi.jp/

<ツム、アインホルン、アートホーラム、2008/11/1 〜12/29>

Top

BACK

INDEX へ戻る

無断複製、無断転載はおやめください。Copyright:2005 zum-einhorn