ツム・アインホルン  アートフォーラム

当店では芸術活動の一環として各方面の作家の方と協力をし
毎2ヶ月間作品展をおこなっております



開催中
7月-8月
Steffen Huebner, Photo"祇園"(Germany)

ステフェン ヒュプナー

1973年ドイツ・ハノーバーに生まれる。十代のころから日本の文化と歴史に興味を持ち、度々日本を旅行する。1998年より日本在住。
旅行会社に勤務するかたわら花街や風景の写真を撮り続けている。

1999年に訪れた京都の花街で日本文化のすばらしさに魅せられ、その後花街の
お座敷を訪れるようになる。友人でプロカメラマンの溝緑ひろし先生の写真に憧れ、
美しい芸妓・舞妓の姿を撮り始める。
数年にわたるお座敷通いの中で築いた信頼関係をもとに、普段は見ることの難しい彼
女達の自然な姿を撮り続けている。

2003年東京・銀座スポットフォトサロンにて初めての写真展を開く。
その様子や撮影風景がNHKのBS1でドキュメンタリーとして放送される。
現在は花街だけではなく様々なモチーフの写真を撮影し、活躍の場をひろげている。

個展
2003年11月07〜20日   「京都花街」東京・銀座スポットフォトサロン
2004年04月15〜21日   「上七軒」 京都・北野プチギャラリー
2004年07月01〜8月31日 「祇園」 東京・レストラン ツム・アインホルン







Steffen Huebner, a native German, is one of the very few foreign customers in Kyoto's teahouses.
Always interested in Japanese culture & history, he visited Japan several times as a tourist, before he started to work in Japan in 1998. During his trips to Japan he saw for the first time the Kamogawa Odori, a dance performed by the Geikos & Maikos of Pontocho, and was immediately fascinated by the elegance and beauty of this dance. Thanks to an introduction of a friend Steffen became 1999 a regular customer in Kyotos teahouses. Also interested in photography, he started to take pictures in Kyoto's Geisha districts around 2,5 years ago and due to his good and long-term relationship with the teahouses, he was even able to take pictures behind the scenes.
In 2003 he had his first solo photo exhibition in the Spot Photo Salon (Tokyo/Ginza) and NHK, Japans biggest broadcasting company, made a TV documentation about his work broadcasted on BS1 in December 2003.



Exhibitions:

07-20 November 2003 'Kyoto Hanamachi' Tokyo - Ginza Spot Photo Salon
15-21 April 2004 'Kamishichiken' Kyoto - Kitano Puchi Gallery
01-July - 31 August 2004 'Gion' Tokyo - Restaurant Zum Einhorn