ツム・アインホルン  アートフォーラム

当店では芸術活動の一環として各方面の作家の方と協力をし,
二ヶ月間(年6回)の作品展をおこなっております。

展示作品の公募.詳細はこちら.

開催中
期 間
  作 家 名
2018年 平成30年度 3月~4月30日   松浦 澄江

満席や休日などの閉店日がございます.営業日程表 をご覧の上,ご来店ください.

 

Matsuura



Matsuura



Matsuura



Matsuura



Matsuura



Matsuura

 

作家略歴

松浦澄江 個展 03/01~04/28  ツム・アインホルン

略歴
1976東京芸術大学美術学部日本画科卒業
1993年迄日本画発表 94年より銀箔を素材のコンテンポラリー・アート発表

個展 
1996「光—光」にっせんれん画廊 静岡市
1997「水の環境」ワコールアートスペース 東京銀座
2003「水との対話」フェルケール博物館G 清水市
2005「Overflow」アートカゲヤマG 藤枝市
2010「Water Environment Ⅲ」アートカゲヤマG 藤枝市
2011「島の光と影」モンミュゼ沼津・沼津市美術館 沼津市
2015「箔に遊ぶ」ギャラリー未来 岡部町三輪
2015「歪んだ赤い丸に座っている私たちーIndoors」写真家・詩人・俳人の作品を素材としてのコラボインスタレーション   アートカゲヤマG 藤枝市
2016 「島の光と影—東京2016」日仏会館ギャラリー 東京恵比寿  10/17~10/27
2016 「空間を掬う」art space Edition Shimizu  清水市 11/17~26
2018 「ベルリンの水族館—南への憧れ」ツム・アインホルン 東京六本木 03/01~04/28

グループ展 
1995「美濃あかりアート展」審査員特別賞:美濃市 岐阜県
1996「紙座’96 ’97 ’98」にっせんれん画廊 静岡市
1996「あかりのオブジェ展」岐阜市文化センター 岐阜市
1996「国際丹南アートフェスティバル」越前市文化センター 越前市 福井県
2004「ル・コルビジェと5人の空間コラボ展」銀座アートホール 東京
2005 婦人画報「茶遊び大賞」準グランプリ 審査員:隈研吾 新宿OZONE 東京
2007「彩・光・影」坂田和之+松浦澄江の今日展 静岡カントリー浜岡 御前崎
2008「BANGKOK-SHIZUOKA Aesthetics’ The Relationship Art Exhibition」バンコク
2014「静岡アートドキュメント2014」静岡県舞台芸術公園本部棟(日本平) 静岡市
2015「静岡8人の作家展」瑞浪芸術館 瑞浪市 岐阜県
2016「浜松アートルネサンス」浜松市 
2017「静岡9人+1」瑞浪芸術館 瑞浪市  05/21~28
2017「ルーブル・カルーセル・アートフェア」B−gallery, パリ 10/20~22

松浦澄江 個展 03/01~04/28 ツム・アインホルン 

タイトル
 「ベルリンの水族館—南への憧れ」について
2017年10月ドイツの幾つかの都市を訪れた中で、美術以外の現地の人々の思考や感覚も知りたいと思い、ベルリン滞在では中国風の門を持つドイツ最古の動物園へ行きました。園内に古い立派な水族館があり、中に入ると一つ一つの水槽の中の生き物の色の取り合わせも美しく、緑陰で泳ぐカメたちの伸びやかな肢体を下から仰ぎ見ると、竜宮城へ行った浦島太郎のような心持ち。そして、私自身は色々な生命が蠢く遠くの南の島から来た人間なのだと思いました。日本の現代的で単純な水族館とは異なり、ここは一時代前の広かった地球の、北の国の憧れの美意識で彩られた楽園、そこが人間的で懐かしい世界でした。

作品の表現について(素材:日本画絵の具・銀箔・膠・和紙)
日本の画材から生まれた表現で、世界共通の現代の作品を作ることを考えています。平面・立体・光と色々な在り方の作品をこれまで制作してきた中で、今回はツム・アインホルンというドイツ料理店でのお客様の感覚も考えて、抽象的な形態の中に水や魚の動きが感じられる作品群を展示しました。元々シンプルな紡錘形は折に触れ表現に取り入れていた形態ですので、揺らぐ箔の線との関係性は自然ではないかと思います。箔の作品の興味深いところは、鑑賞者が動くことで反射が変わり世界が変化して見えることです。ですから箔の上の白い紡錘形も魚の煌めきのように動き出します。私のとても好きな彫刻家ブランクーシは「魚の動きを捉えたかった」と言って、薄い楕円形のような石彫を、円形(20cm厚x直径約1m)の石の台座の上に展示しました。鑑賞者が台座に沿って知らず知らずにその周りを回り、正面から見た時薄い魚の顔のような形がちらりと。動画という手段ではなく、動かない作品を動く作品に転換するのには人間と表現とに対する深い洞察が必要で、私にとっての永遠の課題と思っています。

Sumie Matsuura

Biography
Education
1976  B.A. in Fine Arts. Major Japanese Painting. Tokyo University of the Arts (TUA).

Selected Solo Exhibitions
1996 “Light-Light”, Nissenren Gallery, Shizuoka
1997 “Water Environment”, Wacoal Ginza Art Space, Tokyo
2003 “Dialogue with Water”, Verkehr Shimizu Port Terminal Museum gallery, Shimizu
2005 “Overflow”, Kageyama Art Gallery, Fujieda
2010 “Water Environment Ⅲ”, Kageyama Art Gallery, Fujieda
2011 “Light and Shadow of the Island”, Numazu City Museum
2015 “Enjoying around Silver Leaf”, Mirai Gallery, Okabe
2015 “We are sitting on the warped red circle: Indoors” Kageyama Art Gallery
2016 “ Light and Shadow of the Island—Tokyo 2016  Galerie de la Maison Franco-Japonaise
2016 “Scoop up a Space”  artspace Edition Shimizu  
2018 “AQUARIEM BERLIN—admiration for the south” Zum Einhorn  03/01~04/28

Selected Group Exhibitions
1995 Mino Washi Akari Art Contest, Special Judge’s Prize, Mino
1996 Washi Group Kamiza Show ’96,’97,’98, Nissenren Gallery, Shizuoka
1996 Akari Objet Contest, Gifu City Cultural Center, Gif
1996 International Tannan Art Festival, Takefu
2004 Le Corbusier’s Prints & 5-members Collaboration, Ginza Art Hall, Tokyo
2005 Tea Ceremony & Pleasure Grand Prize, Second, Fujingaho, Tokyo
2007 Color, Light, Shadow; Kazuyuki Sakata & Sumie Matsuura of Today
Shizuoka Country Culture Floor, Hamaoka Omaezaki
2008 Bangkok-Shizuoka; Aesthetics’ The Relationship Art Exhibition
Silpakorn University, Bangkok  Thailand
2014 Shizuoka Art Documentary 2014, Park of Shizuoka Performing Arts Center, Shizuoka
2015 Shizuoka Eight Artists, Mizunami Art Hall, Mizunami
2017 Shizuoka 9 artists+1, Mizunami Art Hall    05/21~28
2017 Art Fair in Carrousel du Louvre, B-gallery, Paris   10/20~22

 


開催中
期 間
  作 家 名
2018年 平成30年度 3月~4月30日   松浦 澄江


Top

BACK

INDEX へ戻る





ツム・アインホルン アート・フォーラム


開催予定と開催記録

当店では芸術活動の一環として各方面の作家の方と協力をし 毎2ヶ月間作品展をおこなっております。

*会期の初日と最終日は,両作家の調整により表示と多少前後することがあります.

 
開催中
期 間
  作 家 名
2018年 平成30年度 3月~4月30日   松浦 澄江
開催予定
期 間 
  作 家 名
2018年 平成30年度 5月~6月30日   大山 富夫
2018年 平成30年度 7月~8月30日   青木 シン
2018年 平成30年度 9月~10月30日   高野 陽介
2018年 平成30年度 11月~12月29日   加藤 恵
開催記録 (抜粋)
期 間 
  作 家 名
2018年 平成30年度 1月~2月30日   櫻庭 萬里夢
2017年 平成29年度 11月~12月29日   佐藤 靖代
2017年 平成29年度 9月~10月30日   鈴木龍郎・陽子 二人展
2017年 平成29年度 7月~8月30日   一ノ瀬 智恵乎
2017年 平成29年度 5月~6月30日   桜庭春来
2017年 平成29年度 4月~4月30日   イデヤスヒコ
2017年 平成29年度 3月~3月31日   井出祥子
2017年 平成29年度 1月~2月28日   高橋 理和
2016年 平成28年度 11月~12月29日   宇都 啓
2016年 平成28年度 9月~10月30日   石垣 健
2016年 平成28年度 7月~8月30日   内村 直生
2016年 平成28年度 5月~6月30日   戸崎恵理子
2016年 平成28年度 3月~4月30日   岩本 拓郎
2016年 平成28年 1月4日~2月28日   北崎 洋子
2015年 平成27年
11月 1日~12月29日
 

大森 良三

2015年 平成27年 9月 1日~10月30日   北見 音丸
2015年 平成27年
7月 1日~8月31日
  Keiko Kubota Miura
2015年 平成27年
5月 1日~6月30日
  内田 清一
2015年 平成27年
3月 1日~4月30日
  高野 陽介
2015年 平成27年
1月 5日~2月28日
  武藤 瑛香

2014年 平成26年

11月 1日~12月29日
  佐藤 靖代
2014年 平成26年
9月 1日~10月30日
  丸山 浩司
2014年 平成26年
7月 1日~8月31日
  武田 律子
2014年 平成26年
5月 1日~6月30日
  寺井 浩一
2014年 平成26年
3月 1日~4月30日
  宮沢 敏男
2014年 平成26年
1月 5日~2月28日
  二見 音丸
2013年 平成25年
11月 1日~12月29日
  佐藤 成元 
013年 平成25年
9月 1日~10月30日
  櫻庭 萬里夢
013年 平成25年
7月 1日~8月31日
  中谷 欣也
013年 平成25年
5月 1日~6月30日
  佐々木 祐而
013年 平成25年
3月 1日~4月30日
  櫻庭 春来
2013年 平成25年
1月 5日~2月28日
  山崎 輝子
2012年 平成24年
11月 1日~12月29日
  宇都 啓M
2012年 平成24年
9月 1日~10月30日
  辻野榮一
2012年 平成24年
7月 1日~8月31日
  高岡 典男
2012年 平成24年
5月 1日~6月30日
  佐藤 靖代
2012年 平成24年
3月 1日~4月30日
  高野 陽介
2012年 平成24年
1月 5日~2月28日
 

黒田征太郎

2011年 平成23年
11月 1日~12月29日
  Marta Montcada
2011年 平成23年
9月 1日~10月30日
  原田 みどり
2011年 平成23年
7月 1日~8月31日
  矢田 裕子
2011年 平成23年
5月 1日~6月30日
  櫻庭 明夢
2011年 平成23年
3月 1日~4月30日
  谷口 光子
2011年 平成23年
1月 5日~ 2月28日
  宇都 啓
2010年 平成22年
11月 1日~12月29日
  宇都 啓
2010年 平成22年
9月 1日~10月30日
  櫻庭 春来
2010年 平成22年
7月 1日~ 8月31日
  加藤 智津子
2010年 平成22年
5月 1日~6月30日
  高橋 義治 遺作展
2010年 平成22年
3月 1日~4月30日
  宮沢 敏男
2010年 平成22年
1月 4日~ 2月28日
松田 千代子
2009年 平成21年
12月 1日~12月29日
佐藤 靖代 『枯瑠紅絵』
2009年 平成21年
11月 1日~11月30日
宮道 宗義
2009年 平成21年
9月 1日~ 10月30日
能勢 百枝
2009年 平成21年
7月 1日~ 8月31日
安孫子 麻紀
2009年 平成21年
5月 1日~6月30日
鈴木 龍郎
2009年 平成21年
3月 1日~4月30日
市口 清一
2009年 平成21年
1月 4日~ 2月29日
神尾 桂
2008年 平成20年
11月 1日~12月29日
高橋 義治
2008年 平成20年
9月 1日~10月31日
石垣 健
2008年 平成20年
7月15日~8月30日 
坪谷 彩子
2008年 平成20年
7月1日~7月15日 
Tom-K
2008年 平成20年
5月 1日~6月30日 
櫻庭 春来
2008年 平成20年
3月 1日~4月30日 
桑野 容子
2008年 平成20年
1月 1日~2月29日 
内田 清一
2007年 平成19年
11月 1日~12月29日 
佐々木 祐而  日本画 
2007年 平成19年
9月 1日~10月30日 
森 千香子  コンテンポラリー
2007年 平成19年
7月 1日~8月31日 

文月 恵津子
2007年 平成19年
5月 1日~6月30日 
佐藤 靖代,  コルク絵
2007年 平成19年
3月 1日~4月30日 
筬島 喜久子,  シルクスクリーン
2007年 平成19年
1月 4日~2月28 
櫻の会、 <射落通子、 萱野浩子、 滝澤幸子 田辺郁代、>4人展  
2006年 平成18年
11月~12月
櫻庭 春来
2006年 平成18年
9月~10月
宮澤 敏男
2006年 平成18年
7月~8月
小原 信博
2006年 平成18年
5月1~6月30日
西川 治
2006年 平成18年
4月 1~4月30日
Ana Maria cristina (ドイツ)
2006年 平成18年
3月 1~3月31日
石垣 健 
2006年 平成18年
1月 5~2月28日
中谷 欣也
2005年 平成17年
11月 1~12月31日
佐藤 靖代
2005年 平成17年
9月 1~10月31日
漆原 冬児
2005年 平成17年
7月 1~8月31日
那須 弘一
2005年 平成17年
5月 1~6月30日
櫻庭 春来
2005年 平成17年
3月 1~4月31日
宇都 啓
2005年 平成17年
2005 1月-2月
小原 信博
2004年 平成16年  
11月-12月
石垣 健 * 「Arsnote 5th」 
2004年 平成16年
9月-10月
門坂 流 * 「波動する描線」
2004年 平成16年
7月-8月
Steffen Huebner, Photo"祇園"(Germany)
2004年 平成16年
5月-6月
岩本 拓郎
2004年 平成16年
3月-4月
Ana Maria Cristina "Art Herling"(Germany)
2004年 平成16年
1月-2月
小林 米子 " Face to Face"
2003年 平成15年
11月-12月
櫻庭 春来
2003年 
9月-10月
石垣 健 
2003年 
6月-8月
Karl Volk (USA) 
2003年 
4月-5月
酒井 道久 
2003年 
2月-3月
中谷 欣也
2002年 平成14年
12月-1月
桑野 容子
2002年
9月-11月
Robert Telly (USA)
2002年
7月-8月
李 玉興
2002年
5月-6月
長 はるこ
2002年
3月-4月
宇都 啓
2002年
1月-2月
宮沢 敏男
2001年 平成13年
中津川 浩章
浅野 珠枝
松井 貞文
Peter Petschnig(Austria)
Ashiton Heinrich(USA) 
Kiki Bragard (Germany)
松山 修平 (Italia)  (日本語ペ-ジ)
1997年 平成9年 
Helmud Zundhausen(Germany)
 
常設作品: 高岡 典男     

Takaoka


http://www.k3.dion.ne.jp/~stone/

 

 

Top
BACK
INDEX


無断複製、無断転載はおやめください。
Copyright © 2017 Zum Einhorn. All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited. www.zum-einhorn.co.jp

 


Valid HTML 4.01 Transitional